0270-21-0075

坐骨神経痛

坐骨神経痛

 

 

yjimageT26DXW09.jpg

 

 

腰痛および下肢痛を合併したものは、有痛性疾患の中では最も多いのではないでしょうか?

 

下肢痛の痛みは、坐骨神経痛などと言われていますが神経症状と断定できる痛みは非常に少ないようです。

 

一般的に言って、腰痛の診断には、レントゲンが重要視されレントゲンでの異常が痛みの原因とされる事が多いと思います。

 

変形性腰椎症、骨粗鬆症、腰椎分離症、すべり症な祖です。

 

しかし、レントゲンにみられるこれらの変化は痛みと無関係のことが多いと思われ、レントゲンよりも症状、および理学的所見を優先させるべきものも多くあると思われます。

 

松下式骨盤矯正法は、従来の難治性腰痛および下肢痛の調整を容易にし他ばかりでなく、腰痛に対しても疑問はほぼ解決したようにも感じます。

 

従来の腰痛および下肢痛の原因のすべてを否定するものではなく、器質的疾患は少数で、多くは関節機能異常であると思われます。

 

腰痛患者ではおそらく、関節機能異常が80%で、従来の器質的疾患によるものは20%以下と考えられるという見解もあります脚部後面の痛みは、坐骨神経痛と言われることが多いと思います。

 

 

下肢の痛みでは、大腿前面、側面の痛みもありますが、これは坐骨神経痛と呼ばれるものではありません。

このような下肢の痛みやシビレは神経根および坐骨神経自体の痛みであることはまれで、ほとんど仙腸関節機能異常の関連痛です。

 

坐骨神経痛は、すべて松下式骨矯正法が著効を示します。

 

腰痛、腰、下肢痛・・

 

 

 

「腰痛」の画像検索結果