0270-21-0075

産前、産後の腰痛

産前、産後の腰痛

 

 

 yjimage[9].jpg

 

 

妊娠中、出産後の腰痛では、妊娠中に比べて、出産後の腰痛のほうが多いと思われますが、いずれの痛みも仙腸関節機能異常が原因であると思われ、松下式骨盤矯正が有効です。

 

妊娠中は、とくに後期に腰痛が起きやすいのですが、これは腹部の重量を支えるために腰部を一定の姿勢に保つことにより、仙腸関節にストレスが加わり痛みが出ると思われます。

 

出産直後の腰痛は、激痛を訴えることが多く、出産時の仙腸関節捻挫の症状で、松下式骨盤調整法で調整を行います。

 

他の出産後の腰痛は、産後1か月間に出るもので、仙腸関節の靭帯が出産により伸張され、ゆるんだことで仙腸関節機能異常おこったことが原因だと思われます。

この場合、腰痛がほとんどなく、首の痛み、肩、腕の脱力感、頭痛など、上半身の症状が多く現れることもあります。

 

調整は、すべて松下式骨盤調整法が著効を示し、再発も少ないですが、特に靭帯及び仙腸関節が妊娠前の状態にかえるまでの6週間は再発しやすいようです。

 

 

 「産後骨盤矯正1」は、ここをクリック 

 

 「産後骨盤2」は、こちら・・・ 

 

「産後骨盤3」・・・→

 

 

産後2.jpg