0270-21-0075

当院の施療対象

「施療の流れと施療風景」は、ここをクリック・・・

 

当院の施療対象

  

整形外科に行くような「痛み」「シビレ」「コリ」「ツッパリ」等の多く(急性期の怪我を除く)に「松下式整体術」は有効です。

レントゲンやMRIに「異常」が写り、すでに病院で病名がつけられていても、その多くは病名とは関係なく骨盤の仙腸関節や他の関節の機能的な障害が原因です。
まずは当院に相談してみると良いでしょう。

以下は当院の施術対象となる病名や症状です。以下は当院の施術対象となる病名や症状です。

 

頭・顔

頭痛(片頭痛・筋緊張性頭痛・血管拍動性頭痛・原因不明の頭痛等)、顎関節症、原因不明の歯の痛み

背骨(脊椎)

頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、変形性頚椎症、頚椎症性神経根症、頚肩腕症候群、いわゆる寝違え、ムチ打症(頚椎捻挫)後の長期に渡る痛み、ストレートネック、原因不明と言われた痛みやコリ

背中(胸椎)

脊椎側弯症

腰(腰椎)

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、変形性腰椎症、骨粗鬆症による腰痛、ただの腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、出産前後の腰痛

(骨盤)

産後骨盤、骨盤輪不安定症、尾骨の痛み

四・五十肩、肩関節周囲炎、石灰沈着性腱板炎、腱板損傷、胸郭出口症候群、野球・水泳等による肩痛、原因不明と言われた痛みやコリ

 

腕の痛みやシビレ、上腕二頭筋長頭腱炎

上腕骨内・外顆炎、野球・ゴルフ・テニス肘

手 指

腱鞘炎、バネ指、手根管症候群、へバーデン結節

股関節

変形性股関節症、股関節臼蓋形成不全、ただの股関節痛

半月板損傷、変形性膝関節症、膝関節水腫、オスグッド病、スポーツによる膝痛

下 肢

坐骨神経痛、下肢の痛みやシビレ、シンスプリント

アキレス腱炎、外反母趾の痛み、踵の痛み、足底筋膜炎、モートン病

その他

スポーツ障害、骨折や捻挫等、怪我のあとも続く痛み(古傷の痛み)、成長痛、原因不明と言われた痛みやシビレ

 

ご覧の通り、怪我や腫瘍以外の整形外科の痛みやシビレ等の多くの症状に適応です。
多くの方は、痛みがあると痛む部位が炎症などを起こしている。つまり痛む部位にその原因があると考えます。
また、手や足がシビレていると、頚椎や腰椎など背骨から出ている神経が圧迫していると考えます。

頭から、足の先まで様々な症状の原因が同じで、しかもそれが仙腸関節にあるというと、ほとんどの方は信じません。
しかし、長年の臨床経験から、これらの多くが仙腸関節を始めとする関節の機能的機能障害が原因のため、松下式整体術で良くなることが期待できます。


松下式整体術は痛みやシビレの調整だけでなく、その症状は何が原因で起きているかを見極めることができます。松下式整体術で変化・改善する症状は関節機能障害が原因と考えられます。この場合、医療機関等で診断された病名や、レントゲンやMRIに写る「異常」に対して治療するのではなく、松下式整体術が必要です。
 
注)すべての症状には個人差があります。骨折等、器質的問題が大きい場合には、手技療法の適応にならないものもありますが、当院の範囲以外のものは、病院等での検査等を進めますので、ご安心ください。

 

昨今、西洋医学の検査の結果では、異状がないと判定されたにもかかわらず、体の不調を訴える人は後を絶たない。むしろ増加する傾向にあります。

 

このような人に光を当てているのが「整体術」の存在です。

多くの人を悩ませている腰痛や肩こりなどは元より、様々な内臓疾患の原因も、骨盤の機能異常を中心とした、身体のバランスの異常に見ることができます。

 

「国際整体療術院」は、骨盤を中心に各骨格の調整と筋肉や結合組織の緊張を解消することにおいては、国内トップレベルの技術力を有し、痛みの原因を根本から取り除く画期的な施術法です。

 

しぶとい腰痛や肩こりでも、手技療法の適応症ならば、早期回復(1~3回位)を施療の目安、目標として、疲労、頭痛、手足のしびれ・・・etc など、あらゆる症状に対して著しい効果をもたらします。

 

たくさんの方が喜んでいます。次はあなたが元気になる番です。

 

どんなことでも気軽にご相談ください。

 

 

「施術の流れと施療風景」は、こちら・・・

 

 

「トップへ戻る」・・・