0270-21-0075

腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア

  

腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア

 

 

「施療の流れと施療風景」は、ここをクリック・・・ 

 

「松下式骨盤矯正法」は、ここをクリック・・・

 

「詳しい腰痛についての説明」・・・

 

最初に、「当院と整形外科や他院との違い」をお読みください・・・クリック

 

 

 

 

 yjimage[8].jpg

 

 

腰痛、腰、下肢痛・・

 

「腰痛」の画像検索結果

 

 腰痛および下肢痛を合併したものは、有痛性疾患の中では最も多いのではないでしょうか?

 

下肢痛の痛みは、坐骨神経痛などと言われていますが神経症状と断定できる痛みは非常に少ないようです。

 

一般的に言って、腰痛の診断には、レントゲンが重要視されレントゲンでの異常が痛みの原因とされる事が多いと思います。

 

変形性腰椎症、骨粗鬆症、腰椎分離症、すべり症な祖です。

 

しかし、レントゲンにみられるこれらの変化は痛みと無関係のことが多いと思われ、レントゲンよりも症状、および理学的所見を優先させるべきものも多くあると思われます。

 

松下式骨盤矯正法は、従来の難治性腰痛および下肢痛の調整を容易にし他ばかりでなく、腰痛に対しても疑問はほぼ解決したようにも感じます。

 

従来の腰痛および下肢痛の原因のすべてを否定するものではなく、器質的疾患は少数で、多くは関節機能異常であると思われます。

 

腰痛患者ではおそらく、関節機能異常が80%で、従来の器質的疾患によるものは20%以下と考えられるという見解もあります

 

 

 

 

 

 「腰痛」の画像検索結果

 

 

 

 

腰痛の調整は、数種類の調整方法の中から、その症状に合った方法を選択しながら調整を進めてゆきます。

 

 

一通りの調整後、微調整しながら左右の側屈、回旋等の動作を確認して終了となります。

 

 

最初の調整だけでは取り切れなかった動きも、微調整の段階でほぼ動きを取り戻してゆきます。

 

 

 

 

「ぎっくり腰」

 

 

当院に御来院いただく患者さんの症状で、多いものに「ぎっくり腰」があります。

 

 

 

物を持ち上げようとした時、身体を捻じったとき、クシャミをした時、立ち上がろうとした時、原因はいろいろです。

 

腰が痛いといって来院されるわけですが、そのほとんどが、骨盤部、仙腸関節の捻挫によって痛みが起こっています。

 

「ぎっくり腰」を起こしている仙腸関節は著しく動きが悪くなっているため、まず松下式骨盤矯正で仙腸関節の離開を行い、その後、上方、下方への動きをつけてゆきます。

 

手技療法の範囲内(ご自身で車を運転して来院できる)であれば、松下式骨盤矯正で仙腸関節の調整を行うと痛みは著しく軽減、もしくは消失し、炎症等は、その後、普通、3日~1週間程度で治癒します。

 

 

 

 

「腰痛」の画像検索結果

 

 特別な形で仙腸関節を痛めている場合、あるいは炎症がひどい場合は痛みが残る場合がありますが、その時は、3~5日後に再来院していただきます。

 

 

特別な形で仙腸関節を痛めていても、調整をすると、普通、3~5日程度で痛みは軽減もしくは消失してゆきます。

 

 

「調整後に残っていた痛みも、次の日起きたら痛みが全然なくなっていました。」ということもよくあります。

 

 

特別な形で、仙腸関節を痛めていても、2回目の調整の時はほとんどが調整に反応して、痛みは著しく軽減、もしくは消失し、その後、普通、3~1週間程度で治癒します。

 

 

 

「ぎっくり腰」だと思っていても、圧迫骨折を起こしていることもありますので、あまりに痛みがひどいときには、レントゲンだけでも取っておいていただければ安心です。

 

 

 

 

「腰椎椎間板ヘルニア」

 

 

 「椎間板ヘルニア」の画像検索結果

 

 

 椎間板ヘルニアの場合、病院の整形外科でMRIを撮り、椎間板ヘルニアとの診断を受けてから御来院される患者さんが多いのですが、

 

一応、椎間板ヘルニアの場合、下肢伸展テスト(SLRラセーグテスト)を行います。

 

 

重症な方ですと、下肢は床から5㎝も上がりません。

 

床に対して70~75度くらいまで挙がれば、ヘルニアでない可能性が高いのですが、絶対rとは言えません。

 

 

「椎間板ヘルニア」の画像検索結果

 

 

また、腓腹筋(ふくらはぎ)に力が入らなくなりますから、つま先立ちができなくなります。

 

仰向けの姿勢で、つま先に力が入るか同課の検査もします。

 

 「椎間板ヘルニア」の画像検索結果

 

病院で腰椎のヘルニアと診断を受けて来院される患者さんの中で、多くのもが松下式骨盤矯正に反応します。

 

これはヘルニアと診断されたものでも、仙腸関節機能不全であるものが多いということだと思います。

 

真正の腰椎椎間板ヘルニアは、骨盤調整だけでは反応しません。

 

骨盤調整の後、腰椎ヘルニア特殊調整を行います。

 

これは椎間板内を陰圧にするように矯正して、突出した椎間板をもとの位置に吸い込ませるようにするテクニックです。

 

ただし、椎間板が押し出されているだけならいいのですが、椎間板の繊維が切れて中心部の髄核が移動を始めているものは、切れた椎間板板繊維が治癒するまで、ある程度の時間が必要になります。

 

完治するまで、日常生活での姿勢や行動も十分に注意する必要があります。

 

 

 

 

「椎間板ヘルニア」の画像検索結果

 

 

 

 

「ぎっくり腰」と比べると、「腰椎椎間板ヘルニア」は頑固なものもあります。

 

真正のヘルニアですと、最初の施術直後には、痛みに反応しないものがまれにあります。

しかし、施術数日後に炎症が引いてから再び調整を試みると、劇的に痛みが軽減、消失するものが多いようです。

 

病院で手術と言われたような重症なものも「松下式骨盤矯正」と「腰椎ヘルニア特殊矯正」の組み合わせによって、その8割くらいは当院でよくなっています。

 

 

しかし、しばらく安静にしていたほうがいい場合や、場合によっては手術になっているケースもありますので、足のほうにまで強い痛みやシビレが合って、立っていられないようなものは、MRIのある整形外科で検査等をしていただいてから御来院されることをお勧めいたします。

 

 

馬尾神経が圧迫されて、小水の出なくなってしまうようなものは、緊急手術が必要になる場合もあるようですので注意してください。

 

 

 

 「腰椎分離症、すべり症」

 

「辷り症」の画像検索結果

 

 腰椎分離症、すべり症といわれるものも、松下式骨盤矯正の適応症です。

慢性的なものであれば、多くは調整後痛みは軽減、もしくは消失します。

 

分離症で分離したばかりのものは、骨折痛です。病院でコルセットを作ってもらう必要がある場合があります。

激しい運動中、急に強い痛みに襲われた場合その可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

「慢性腰痛

 「腰痛」の画像検索結果

 

多くの人が抱えている痛みは、慢性の腰痛症でしょう。

 

長い時間たっていると、座っていると、寝ていると痛くなってくる等、多くの人を悩ませているわけです。

 

これは、見事に調整に反応します。

ほとんどの場合、その場で腰の痛み、重さは軽減、もしくは消失します。

 

当院に御来院いただいている患者さんは、どういう検査をして、どういう調整をするのか、わかっていますよね。

 

ほとんどの方に。調整前の監査で可動制限のあった関節が、調整後、すべての関節において可動性が回復しているのを確認していただき、痛みが軽減または消失するのを体験していただいていると思います。

 

関節の動きが極端に悪い場合は、良くなった後も、月1回程度の調整をしておけば安心です。

 

 

 

「腰痛」の画像検索結果

 

 

 

痛い腰で、日々生活するのは大変な事です。

 

 

「痛かった腰が楽になり、普通に仕事ができるようになりました。」等、

 

患者さんの喜びの声を聴くのは、整体師としてうれしいものです。

 

 

一日も早く痛みから解放されるように、毎日全力で施療にあたっております。

 

 

 

「腰痛」の画像検索結果

 

 

注:すべての症状には個人差があります。骨折等、器質的な問題が大きい場合には、手技療法の適応にならないものもありますが、当院の範囲以外のものは、病院での検査等を勧めますので、ご安心ください。

 

 

 

「ぎっくり腰」はここ、ここをクリック

 

「産前、産後の腰痛」は、ここをクリック

 

「腰椎椎間板ヘルニア」は、ここをクリック

 

 

「松下式骨盤矯正法」は、ここをクリック・・・

 

 

「詳しい腰痛についての説明」・・・

 

それでは、なぜ、あなたは、治らないのでしょうか?」は、ここをクリック・・・

 

「施術の流れと施療風景」は、こちら・・・

 

「トップへ戻る」・・・