0270-21-0075

産後骨盤矯正(調整)

 

「施療の流れと施療風景」は、ここをクリック・・・ 

 

 

 

  「産後骨盤2」は、こちら・・・   

 

 

 

 「産後骨盤3」・・・→

 

 

 

 

出産後の骨盤矯正(骨盤調整)

 

 

 産後.jpg

 

 こんにちは。

国際整体療術院はの院長の松下隆行です。

これから、産後の骨盤矯正について、お話をしてゆきたいと思います。

少し長くなりますが、お体のことですので、最後までお付き合い願えれば幸いです。

 

 

さて、出産後の母体は過労状態であり数々の不快な症状が現れることが多く、その原因の一つが「骨盤の歪み」(仙腸関節機能不全)です。

 

 yjimageKJ16VQAA.jpg

 

特に「おなかが以前のようにならない」「お尻が大きくなった」「体がプヨプヨ」など、出産後の体型に悩んでいるママが大勢いて、それらを解消したくて「骨盤矯正をしようか?!」と悩んでいる人も多いでしょう。

 

 

ただ、出産後の骨盤矯正をウリに「商売」をしている所も増えており、中には集客のために「出産で開いた骨盤は自然には閉じない!」など、ウソ情報を平気で流しているところもあります。

 

 

また、「骨盤が歪む」などの曖昧な表現も多く、骨盤矯正に関していろいろと誤解されているケースがよく見られます。

 

 yjimage7OSHBN2O.jpg

 

これから少しづつお話をしてゆきますが、骨盤が歪んだからよくないという表現は正確には正しいとは言えません。

 

 

私も話を分かりやすくするために骨盤場歪むという表現を使うことがありますが、骨盤の仙腸関節が機能的な異常を起こしているとか、可動性が欠如しているというのが、正確な表現の仕方だと思います。

 

 

産後の骨盤矯正のために、当院も含めて、「整骨院・整体院・カイロプラクティック」などに通うことを検討しているママも多いでしょう。

 

 

こういった施術院のホームページ等をチェックすると…

産後こんな症状で悩んでいませんか?

・産前のジーンズやスカートが履けなくなった
・ポッコリお腹が元に戻らない
・下半身太りが気になる
・お尻が大きく&垂れるようになった
・腰痛になった
・尾骨痛や恥骨痛など骨盤周りに痛みがある
・股関節に痛みがある
・尿漏れする

これらの症状の原因は「骨盤の歪み」です。出産で開いた骨盤は自然に元通りになることはなく、開いたり歪んだままの状態で固定されてしまいます。放っておくとさらに症状が悪化するので、産後の骨盤矯正は必要です。

このような、産後ママに不安を与えるような内容が書かれていることがよくあります。

 

 yjimageKJ16VQAA.jpg

 

ただ、これから少しづつ解説してゆきますが、基本的には出産で開いた骨盤は自然と閉じて元通りになります。

 

 

骨盤周辺痛みや恥骨痛、尿漏れなどの出産直後によくある症状も、身体の回復とともに解消されていくものです。

 

また、仙腸関節の機能異常による腰痛は、当院の仙腸関節機能異常を改善させるための調整が必要ですが、あまりひどくなければ、「時間と共に骨盤の緩みがなくなり安定」「妊娠中の姿勢が改善」「体全体の筋肉をバランスよく強化」などで改善されていくものもあります。

 

 

また、身体がプヨプヨになった、お尻周りがサイズアップしたまま、などの体型のことも毎日の生活の生で「筋肉は鍛えられ」「ラジオ体操等で柔軟性を高め」「意識して姿勢を良くする」などで改善されます。この部分については次の項目で詳しく解説します。

 

ですので、上記のような産後の症状改善のため、という目的であれば、必ずしもプロの施術を受ける必要はありません。自力でも十分に改善でき部分もあると考えて下さい。

 

 yjimageZ1TYIONI.jpg

 ------------------------------------------------------

 

ただし、上記の症状をはじめ、・手足のむくみ・腰がつらい・ねこ背・肩がつらい・疲れやすい・頭がつらい・肌荒れ・下腹部のたるみ・イライラ・首がつらい・無気力等の症状は、仙腸関節の機能異常が原因となっているものも多く、もしそうであれば、それは、

 

 yjimage[3].jpg

 

仙腸関節の機能異常を改善できるプロの治療師の手技によってのみ改善可能となってきます。

 

ところが、本当に仙腸関節の機能異常を改善できる治療師は全国を見渡してもほんの一握りしか存在していません。

 

当院は、そんな数少ない仙腸関節機能異常を改善させることのできる全国でも数少ない施療院の一つです。

 

------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

 出産後の悩み

出産後、上記の症状でお悩みの方は、仙腸関節機能異常を改善する、当院の産後骨盤矯正をお勧めいたします。

 

骨盤を中心に各骨格の調整と筋肉や結合組織の緊張を解消することで、症状の原因を根本から取り除く画期的な施術法です。

 

 産後2.jpg

 

産後1か月間に出るもので、仙腸関節の靭帯が出産により伸張され、ゆるんだことで仙腸関節機能異常おこったことが原因です。

 

この場合、腰痛がなくても、首の痛み、肩、腕の脱力感、頭痛など、上半身の症状が多く現れることがあります。

 

 

産前、産後の腰痛

妊娠中、出産後の腰痛では、妊娠中に比べて、出産後の腰痛のほうが多い思われますが、いずれの痛みも仙腸関節機能異常が原因であると思われ、松下式骨盤矯正(産後骨盤矯正)が有効です。

 

妊娠中は、とくに妊娠後期に腰痛が起きやすいのですが、これは腹部の重量を支えるために腰部を一定の姿勢に保つことにより、仙腸関節にストレスが加わり痛みが出ると思われます。

 

 腰痛 女.png

 

出産直後の腰痛は、激痛を訴えることが多く、出産時の仙腸関節捻挫の症状で、松下式骨盤調整法で調整を行います。

 

他の出産後の腰痛は、産後1か月間に出るもので、仙腸関節の靭帯が出産により伸張され、ゆるんだことで仙腸関節機能異常おこったことが原因だと思われます。

 

首の痛み、肩、腕の脱力感、頭痛など、上半身の症状が多く現れることもあります。

 

調整は、すべて松下式骨盤調整法(産後骨盤矯正)が著効を示し、再発も少ないですが、特に靭帯及び仙腸関節が妊娠前の状態にかえるまでの6週間は再発しやすいようです。

 

------------------------------------------------------------------- 

産後の骨盤矯正は、

妊娠をすると、母体の靭帯を緩める働きのあるホルモン「リラキシン」が分泌されます。子のホルモンによって骨盤が緩み、出産時に赤ちゃんが産道をスムーズに通り抜けることが出来るようになるワケです。

 

 yjimage[9].jpg

 

このリラキシンの分泌自体は産後2,3日で止まるそうですが、緩んだ靭帯が元に戻るのは一般的には3,4ヵ月ほど、遅くとも6ヵ月ほどだそうです。(院長は6か月と教わったような気がします)

 

それまでは骨盤が緩んでいる状態で、骨盤矯正がしやすいタイミングとか言っている治療院が数多くありますが、(ちなみにリラキシンによる影響は「産後1ヵ月まで」「産後3か月まで」「産後6か月まで」など、いろんな説があるようです。)骨盤が緩んでいる状態で矯正しやすいなら、緩んでいない一般の人の矯正はしにくくなってしまいますよ。

 

実際には、骨盤の靭帯が緩んでいると、ベストポジションの中で遊びが大きくなりますから、むしろ不安定ですよね

 

ですから、骨盤が緩んでいる状態で、骨盤矯正がしやすいタイミングとか言っている治療院は、集客のため出産後の骨盤矯正をウリに「商売」をしている所かもしれませんので、お気をつけて・・・

 

 産後12.jpg

 

実際には、緩んでいても、いなくても、その人のベストポジションに骨盤を矯正することは可能で、それほど難かしい作業ではないです。

 

ひとたび骨盤矯正がなされれば、一瞬で体中の関節も一緒にベストポジションに復位しますから、全身の関節の動きが同時に改善され、スムーズになった体の動きをその場で体感することができます。

 

来院者が、みなビクリする瞬間です。

 

 産後19.jpg

 

「それならいつはじめたら良いのか?」

産後1ヵ月くらいは後陣痛があったり、悪露が出たり、出産によるオーバーワーク等が身体に残っています。

ママの身体の負担はとても大きいですから、できれば産後1ヵ月はしっかりと休んで体力回の復に集中することが大切だと思います。

「1ヵ月健診が終わって特に問題がなかったら始める」くらいの感覚が良いと思います。

 

ですから「産後6ヵ月以上経ったら骨盤矯正はもう遅い?意味がない?」と言われたら、そんな事はないわけです。

 

もしそうであれば、一般の人は骨盤矯正できないことになりますから。

 

産後6ヵ月以上経っていても骨盤の歪みは治すことはできます。

 

 また、【骨盤が緩んでいる時期=骨盤が歪みやすい時期】と言い換えることもできますので、悪い姿勢だったり、偏ったエクササイズなどには要注意です。

 

 yjimageAVRTT3W9.jpg

 

しかし、現実問題としては、出産に伴って起こった恥骨結合の捻挫の激痛やら、出産直後の腰痛の激痛に耐えて育児どころではなくなってしまうママもいることも事実です。

 

では、そいったママたちはどうしたらいいのでしょう・・・

 

当院の産後骨盤矯正は退院直後でも調整可能です。 

 出産後の体調と悪露の状態にもよりますが、悪露の状態が酷くなければ、退院した次の日でも調整できます。

体調が著しく悪い場合には、担当していただいた産婦人科の先生にご相談ください。

 

 骨盤の仕組み

骨盤は、左右の「寛骨」、その間にある「仙骨」、「尾骨」という骨からなります。左右の寛骨は前方で左右の寛骨どうしが「恥骨結合」連結し、後方では仙骨をはさんで「仙腸関節」結しています。

 

 yjimage[3].jpg

 

医学の世界では、以前は仙腸関節は動かない関節「不動関節」とされていましたが、今では“ほとんど”動かない「半関節」とされています。

院長もそのように教わりました。

動くと言っても“ミリ”単位のわずかな動きです。

このわずか数ミリの動きを、施術者の「手」が感じ取れるか取れないかで、矯正の技術は決まってしまいます。

たった数ミリの動きをです・・・

 

-------------------------------------------------------------- 

 

当院の骨盤矯正は、整体術の世界で、

数少ない者にしか体現することのできない本物の骨盤矯正です。

 

巷にあふれているような、骨盤矯正のようなものとは世界が違うようです。

 

その本物の骨盤矯正を

院長が30年間かけて磨き上げた、世界に通用する技術です。

 

-----------------------------------------------------

yjimageMA190QUT.jpg

 

上記の通り、骨盤の仙腸関節なんて、もともとが最大で2㎝程度しか動かないんですから。

 

我々が骨盤の仙腸関節を調整する時だって、2㎝程度しか動かない関節の内部で、2㎜くらいしか動かさないんですから。たった2㎜ですよ。

 

それ以上動かすと、逆に捻挫させてしまいますから。

それでも身体は大きく変化します。

 

みんなびっくりするんですから。

 

骨盤はほんの少しの刺激で大きく変化するのだということを覚えておいて下さい。

 

少しの刺激、ソフトな刺激、穏やかな刺激ですから、出産後の母体に必要以上の負担をかけません。

 

 産後7.jpg

 

したがって、

出産後の体調や悪露の状態にもよりますが、体調や悪露の状態が酷くなければ、退院した次の日でも調整できますし(実際、当院には、出産に伴う恥骨結合の捻挫で、退院された次の日に来院される患者さんが、数多くいます。)、半年、1年たっても、ちゃんと調整できますから安心してください。

 

3~5回位を目安としますが、1回だってちゃんと効果は出ますから、心配しないでください。

 

 

それから、これは、声を大にして言いたいのですが、

 出産後の骨盤をそのままにしておくと大変な事になりますよ、とか言われても、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

 

後でお話しさせていただきますが、昔の人達は 、産後の骨盤矯正なんてしていなかったでっしょう。

出産後、限りなく、ちゃんと元に戻れるようにプログラミングされていますよ。

 

 

先の通り、出産による恥骨結合の捻挫も、ほとんどが松下式骨盤調整の適応症です。

捻挫をしている患部にはコンタクトしません。

骨盤の仙腸関節の調整をすることによって、恥骨結合の捻挫による痛み等の症状も軽減、消失してゆきます。

 

 

 産後2.jpg

 

  

 

 yjimageZRXII2MR.jpg

 

 

また、骨盤は人間の身体の中心にあって、上は背骨、下は股関節につながり、まさに土台として働いています。

腸や内臓、子宮を包み込むような形をしており、それらを保護する役割もあります。

 

骨盤は婦人科系統の内蔵器の容器の役割を果たしていますから、婦人科系統にとって、とても大切な役割を担っているところでもあります。

 

ですから骨盤は、強靭な靭帯や筋肉で補強され、とても頑丈に作られていますので、ちょっとやそっとのことで骨盤の関節が歪んだり、ズレるなんて事はありません。

 

 

 

 yjimageKJ16VQAA.jpg

 

 

 

 

 

 

 yjimageZ1TYIONI.jpg

 

 

 

あいまいな表現ですが、「骨盤が歪む」とはどんな状態?

最近は、「骨盤の歪み」を気にする人がとても多いようです。そして、骨盤が歪む=「骨盤の形そのものが変形してしまっている」と思っている人も多いそうです。

 

例えば、次の図のようなイメージ↓

産後11.jpg

 

この例では、右側の仙腸関節がグイッと上にズレて、坐骨の位置が大きく上がっています。

このようなイメージを持ち「ズレているのを元に戻して下さい!」「骨盤がズレているので、元通りにハメて欲しい!」と、施術院を訪れる人も多いと思います。

 

yjimage7OSHBN2O.jpg

 

この場合のカイロプラクティック的リスティングはAS-R(右前上方変位)となり、骨盤の解剖学的な形状により、坐骨が上がっている側の足がロングレッグ(長足)となり、矯正はその逆方向にセットアップしながらアジャストメントを加えます。

 

パンフレット用.JPG

 

軽いクリック音の後、骨盤の形は整い、両足の長さもそろいますが、これだけで、仙腸関節機能異常のすべてが改善するわけではなく、この後、仙腸関節の機能異常を改善させるための調整が行われるわけですが、実際には、カイロプラクティック的な矯正は必要なくて、仙腸関節機能異常を改善させるための調整だけで、骨盤は完璧に矯正されてしまいます。

 

 yjimage623VDT04.jpg

 

しかし、骨盤は強靭な靭帯・筋肉で補強されているので、普通に生活をしていて大きくズレてしまうようなことはめったにありませんが、ひとたび土台である骨盤が傾き捻じれれば、建物全体、身体全体のバランスに影響を与えます。

 

日常的に起こるのは、機能的な異常で、関節の滑りが悪くなってしまうようなことがよく起こります。

 

施術者は、骨盤の触診をして、図のような左右差を感じ取ります。

これは、分かりやすく2次元的に単純化すると、骨盤全体が傾いた状態です。

 

スタティックパルペーション、モーションパルペーション等の検査により、骨盤の調整方向をリスティングし、矯正するための情報とします。

 

例えば、次の図のようなイメージ↓

 

産後12.jpg

 

この例では、骨盤そのものの形はほぼ同じ状態のまま、右側に大きく傾いている事が分かります。

このように、骨盤が1つの塊として左右前後の傾いたり、回転して捻れたりするようなことをまとめて「骨盤が歪む」と表現していることが多いと思います。

 

ですのでココでは【骨盤が歪む=骨盤が1つの塊として左右前後の傾いたり、回転して捻れたりすること】という前提でお話していきます。

 

 

なんで骨盤は歪むの?骨盤が歪む原因て・・・?

なぜ骨盤が歪んでしまうのか?

あるいは、仙腸関節が機能異常を起こすのか?

 

骨盤が歪み仙腸関節が機能異常を起こす大きな原因として考えられているのは・・・

 

 yjimageT3RR28G1.jpg

 

これは、当院に御来院になられている患者さんには、よくお話しさせていただくことなのですが、直立二足歩行を一日のうちどれほど行っているのかにかかわってきます。

 

骨盤の関節、仙腸関節は、歩行によって機能します。恥骨クランク軸運動という耳慣れない言葉でしょうが、これは人の二足直立歩行時における骨盤環のバイオメカニックのことを表し、骨盤の白湯の腸骨と仙骨間(仙腸関節上)に介在する、仙骨、腸骨両耳状面体液活性と、骨盤前面の恥骨部におけるクランク軸上の要としてのスムーズな運動メカニックの総称をいいます。

 

また、これらは、二足直立歩行時にその機能を初めて発揮するものなので、一日のうちで、直立二足歩行が不足してくると、骨盤の仙腸関節の機能的な異常が出現してきやすくなります。

 

 

【その他の原因1】姿勢が悪いから

身体の中心で土台である骨盤は、姿勢により上半身・下半身のバランスを保とうとして傾きます。

例えば下の図のように、片足のどちらかに重心をかけた「休め」の姿勢ですが、骨盤が傾いてしまっています。

 

産後13.jpg

出典:ameblo.jp

 

また、下の図のような「猫背」だと骨盤が後ろに傾き、「反り腰」だと骨盤が前に傾きますが、マッケンジー理論によれば、腰痛対策には伸展姿勢が望ましいということですので、反り腰をあまり気にすることはないと思われますが、すべり症の場合は考慮する必要もあるかと思いますので、すべり症補患者さんにはそのあたりのことは説明させていただいております。

 

詳しい説明は除きますが、椎間板ヘルニアなど多くの腰痛は、屈曲姿勢で悪化する傾向にあり、伸展姿勢を保つことによって改善されるとされています。(マッケンジー理論)

 

産後14.jpg

 出典:hp-ez.com

 

 他にも、下の図のような姿勢をついついしてしまっている人は多いのではないでしょうか?これらもよくある悪い姿勢の代表例といえるでしょう

 

出産15.gif

 

このような悪い姿勢により、全身がバランスを取ろうとして、骨盤以外の部分も不均等になります。それが癖となり習慣化することで、不均等な状態で筋肉が硬くなり、骨盤のみならず全身が歪んでしまうことになるのです。

 

 

 

参考文献

育ラボ

 「産後骨盤2」へ続く・・・

 

当院の産後の骨盤矯正は、患者さんはベットに横に寝て頂き、術者の手により関節を動かしていきます。

関節を動かすというと強い力で押したり引いたり、あるいは捻ったりというようなことをイメージする方もいるでしょう。

しかし、松下式骨盤調整法(骨盤矯正)で調整時に加える力は非常にソフトなものです。

とても弱い力で調整します。

患者さんの中には「こんなに軽く触れただけなのに本当に良くなってしまって、驚きました。」と言われるかたが大勢います。

 

ベストポジションに骨盤を整えて、骨盤の機能的な異常を取り除いて、骨盤の本来の動きを取り戻させると、身体はその人にとって一番良くて、楽な状態になるんですよ。

 

 

重要イラスト11.jpg

     

 

出産後の骨盤調整が大切なのではなくて、どんな人にとっても、骨盤調整は大事なんですよ。

 

骨盤は、建物でいうところの土台ですから。

 

国内で完璧に骨盤調整のできる整体師は、私を含めても数少なくなってしまいました。

 

多くの治療師が、骨盤矯正と称して、ボキボキしたり、揉んだりほぐしたり、引っ張ったり、ふんづけたりするんですが、骨盤調整って、もっともっと奥が深いんですよ。

ものすごく単純なのですが、奥が深い。

 

多くの治療師が知りたがっている技術なんですが、そう簡単には手に入れることができない。

 

でも安心してください。

 

 

 産後7.jpg

 

 

 患者さんは、いつでも本物の骨盤調整(骨盤矯正)を受けることができるんですから。

 

産後の骨盤矯正は、出産後、退院した次の日だって調整できるし(実際、当院には、出産に伴う恥骨結合の捻挫で、退院された次の日に来院される患者さんが、数多くいます。)、半年、1年たっても、ちゃんと調整できますから安心してください。

 

産後の骨盤調整だって、特別なことをするわけではなくて、その人にとってのベストポジションに骨盤を整えて、骨盤の機能的な異常を取り除いて、骨盤の本来の動きを取り戻させると、身体はその人にとって一番良くて、楽な状態になるんですよ。

 

松下式骨盤調整法(骨盤矯正)は、産後骨盤、ぎっくり腰、首痛、顎関節症・・・etc等、万能です。

貴方にとって、最も良い形に仕上げますから、いつでも安心して御来院ください。

 

痛み、体調不良等、どんなことでもぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

  「産後骨盤2」へ続く・・・   

 

 

 

 「産後骨盤3」・・・→

 

 

 

「松下式骨盤矯正法」は、ここをクリック・・・

 

 「施術の流れと施療風景」は、こちら・・・

 

「トップへ戻る」・・・